ASICON 2017

2017年10月25日から28日に中国の貴陽で開催された International Conference on ASIC(ASICON) において、橋本先生が “Toward Real-time 3D Modeling System with Cubic-Millimeters Wireless Sensor Nodes”という題目で招待講演を行いました。

BIOCAS2017

2017年10月19日~21日にイタリアで開催されたIEEE BioMedical Circuits and Systems Conference (BioCAS) で、杉浦君が “Hardware-oriented Algorithm for Phase Synchronization Analysis of Biomedical Signals” というタイトルでポスター発表を行いました。

RADECS 2017

2017年10月02日~06日ジュネーヴ(スイス)で開催されたConference on RADiations Effects on Components and Systems (RADECS)において、廖君がMeasurement and Mechanism Investigation of Negative and Positive Muon Induced Upsets in 65nm Bulk SRAMsというタイトルで発表しました。

研究室旅行2017

9月11日(月)~13日(水)に、毎年恒例の研究室旅行が行われました。今年度は2泊3日で台湾へ行き、台北市内や九份などを観光しました。台風18号の接近により、飛行機の欠航が危ぶまれましたが、予定通り無事に帰国することができました。

SISPAD 2017

2017年9月7日から9日に鎌倉で開催されたInternational Conference on Simulation of Semiconductor Processes and Devices (SISPAD) において、橋本先生が”Soft Error Rate Estimation with TCAD and Machine Learning”という題目で招待講演を行いました。

平成29年度 SLDM研究会 優秀論文賞・DAシンポジウム2016 優秀発表学生賞 受賞

2017年8月30~9月1日に開催されたDAシンポジウム2017にて,D2の増田君が「平成29年度 システムとLSIの設計技術研究会 優秀論文賞」 および 「DAシンポジウム2016 優秀発表学生賞」を受賞しました.

増田 豊,尾上 孝雄,橋本 昌宜,”低電圧・長寿命動作に向けたクリティカルパス・アイソレーション手法”, 2016年9月.

DSC_0697

DA シンポジウム 2017

2017年8月30~9月1日に石川県加賀市で開催されたDAシンポジウム2017において,D2 の増田君,D1 の土井君,M1 の中山君が研究発表を行いました.

増田 豊,橋本 昌宜,”エラー予告ベース適応的電圧制御のMTTF考慮設計手法”, 2017年8月.
土井 龍太郎,橋本 昌宜,”ビアスイッチFPGAにおけるスニークパス問題のSAT符号化を用いた検証”, 2017年8月.
中山 貴博,橋本 昌宜,”常温で論理テスト可能な超低温動作VLSIのタイミング設計法の検討”, 2017年8月.

また、土井君が同シンポジウムにてポスター発表を行いました。

ESS 2017

8月24日~25日に水明館で開催された組込みシステムシンポジウム 2017 (ESS2017) で、田中輝明さんが「共有資源を用いる制御システムのためのSysML 2に向けた解析モデルの検討」というタイトルで発表しました。

Cheng Zhuo先生来訪

8月8日~9月8日に中国浙江大学(Zhejiang University)のProf. Cheng Zhuoが日本学術振興会の外国人招へいプログラムにより研究室に短期滞在しました。滞在中に、”A System Perspective on Power and Signal Integrity for Modern Memory: Models and Solutions” という講演を行いました。また、コラボレーションに向けたディスカッションを行いました。

大阪大学 大学院情報科学研究科