SPI 2018

2018年5月22日~25日にブレスト(フランス)で開催された 22nd IEEE Workshop on Signal and Power Integrity (SPI) において、陈くんが “An On-Chip Load Model for Off-Chip PDN Analysis Considering Interdependency Between Supply Voltage, Current Profile and Clock Latency” というタイトルで発表しました。

NHK News

研究室が参画しているソフトエラープロジェクトが4月2日ならびに5月10日にNHK News で紹介されました。またWebでも紹介されています。

VLSI-DAT

4月16日~19日に台湾の新竹市で開催された International Symposium on VLSI Design, Automation and Test (VLSI-DAT) で、中山君が “Hold Violation Analysis for Functional Test of Ultra-Low Temperature Circuits at Room Temperature”というタイトルで発表しました。

国立交通大学訪問

4月16日に台湾の国立交通大学を、Prof. Yih-Lang Li のホストで橋本先生が訪問し、”MTTF-aware Design Methodology for Adaptive Voltage Scaling”というタイトルで講演しました。また国立交通大学の学生とディスカッションを行いました。

SASIMI2018

3月26日~27日に島根県の松江で開催された The 21st Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies(SASIMI2018) で、伊藤君が “Performance Analysis of Temporal Codings for Spiking Neural Network” というタイトルで発表しました。
また、伊藤君が同会議にてポスター発表を行いました。

QiSSキックオフシンポジウム

千里ライフサイエンスセンターで開催された”安心・安全・スマートな長寿社会実現のための高度な量子アプリケーション技術の創出”のキックオフシンポジウムで、”安全・安心なIoT時代に向けて”と題して橋本先生が講演を行いました。

CSTIC 2018

3月11日から12日に中国上海市で開催された、China Semiconductor Technology International Conference (CSTIC)において、橋本先生が “MTTF-aware Design Methodology for Adaptive Voltage Scaling” という題目で招待講演を行いました。

大阪大学 大学院情報科学研究科