研究室旅行2017

9月11日(月)~13日(水)に、毎年恒例の研究室旅行が行われました。
今年度は2泊3日で台湾へ行き、台北市内や九份などを観光しました。
台風18号の接近により、飛行機の欠航が危ぶまれましたが、予定通り無事に帰国することができました。

SISPAD 2017

2017年9月7日から9日に鎌倉で開催されたInternational Conference on Simulation of Semiconductor Processes and Devices (SISPAD) において、橋本先生が”Soft Error Rate Estimation with TCAD and Machine Learning”という題目で招待講演を行いました。

平成29年度 SLDM研究会 優秀論文賞・DAシンポジウム2016 優秀発表学生賞 受賞

2017年8月30~9月1日に開催されたDAシンポジウム2017にて,D2の増田君が「平成29年度 システムとLSIの設計技術研究会 優秀論文賞」 および 「DAシンポジウム2016 優秀発表学生賞」を受賞しました.

増田 豊,尾上 孝雄,橋本 昌宜,”低電圧・長寿命動作に向けたクリティカルパス・アイソレーション手法”, 2016年9月.

DSC_0697

DA シンポジウム 2017

2017年8月30~9月1日に石川県加賀市で開催されたDAシンポジウム2017において,D2 の増田君,D1 の土井君,M1 の中山君が研究発表を行いました.

増田 豊,橋本 昌宜,”エラー予告ベース適応的電圧制御のMTTF考慮設計手法”, 2017年8月.
土井 龍太郎,橋本 昌宜,”ビアスイッチFPGAにおけるスニークパス問題のSAT符号化を用いた検証”, 2017年8月.
中山 貴博,橋本 昌宜,”常温で論理テスト可能な超低温動作VLSIのタイミング設計法の検討”, 2017年8月.

また、土井君が同シンポジウムにてポスター発表を行いました。

ESS 2017

8月24日~25日に水明館で開催された組込みシステムシンポジウム 2017 (ESS2017) で、田中輝明さんが「共有資源を用いる制御システムのためのSysML 2に向けた解析モデルの検討」というタイトルで発表しました。

IWCR 2017

2017年7月21日から22日に韓国のSeoul National Universityで開催されたInternational Workshop on Cross-layer Resiliency (IWCR) において、橋本先生が”MTTF Estimation and Extension under PVT Delay Variation”という題目で招待講演を行いました。

MPSoC 2017

2017年7月2日から7日にフランス・アヌシーで開催された第17回 International Forum on MPSoC for software-defined hardware(MPSoC)において、武内先生が”Reliable multiprocessor system for low voltage MPSoC”という題目で招待講演を行いました。

NEWCAS2017

2017年6月25日~28日ストラスブール(フランス)で開催されたIEEE International NEWCAS Conferenceにおいて、廖君がContribution of SRAM, FF and Combinational Circuits to Chip-Level Neutron-Induced Soft Error Rateというタイトルで発表しました。

大阪大学 大学院情報科学研究科